256時間

心肺停止し,栄養が供給されなくなった心臓は次第に壊死しはじめる. また,全身に血液を送り出すことができず,特に脳には致命的なダメージとなる. 父は心肺停止の前には救命士と接触し,心臓マッサージなどの応急処置を受けていたもの,30分以上心肺停止…

72時間

父の様態は依然として変わらない.聞こえているかわからないけれども,声をかけることしかできない.2日目の夕方,私自身が泣きじゃくっており気づかなかったが,家族が言うには,涙らしきものがごく少量見られたらしい.その話を聞いたとき,救われた気持ち…

父が危篤

父が急性心筋梗塞で倒れた。病院に搬送され十五時間がたつが容態は良くなく、予断を許さない。父は七十手前であるが、大きな病気もなく、タバコも酒も飲まず、ソフトボールを趣味とするなど健康そのものであった。またいまだに建設現場でバリバリと働いてい…